PHVとは
PHV

ご家庭の電気でも、ガソリンでも走る車を、
プラグインハイブリッド車といいます。

PHV(プラグインハイブリッド車)は、EV(充電電力使用時走行)モードとHV(ハイブリッド車)モードの両方が使えます。つまり、充電して走ることも、普通のハイブリッド車のようにガソリンを使って走ることもできるんです。

EVモード

通勤も、買い物も、お出かけは
ほとんどEVモードで。

新しいプリウスPHVなら日々の移動のほとんどを、EVモードでまかなえます。満充電からのEV走行距離が従来モデルから2倍以上も延長し、より長くEVモードを楽しめます。

もし電力を使い切っても、自分で発電できます。

スイッチ操作によってハイブリッド走行中にエンジンで発電し、充電できます。この機能を活用すれば、EV走行が必要な場所までに事前に充電して、再びEV走行ができるようになります。

トヨタセーフティセンス

高精度な「2種類の目」で、
前方の安全を見守ります。
衝突回避支援パッケージ

レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

詳しくはこちら
3つの充電方法

100Vなら自宅の工事は簡単。外出先でも気軽に充電OK。

100V電源の「普通充電」なら、今あるご家庭の配線を利用できるため、専用の配線工事はいりません。屋外にあらかじめアース付のコンセントが付いていれば交換も不要*1。
道の駅やサービスエリアに設置されている「急速充電」にも対応しているので、外出先での充電も気軽に行えます。

選べる3つの充電方法

*1. 抜止形コンセントの場合は、高耐久コンセントへ交換が必要となります。 *2. 駆動用バッテリーの残量や、外気温などの条件により充電完了までに必要な時間は変わります。
■ご自宅の「充電設備の準備」や、外出先での「充電サービス」について、詳しくは車種カタログをご覧ください。

エクステリア

カタチから、もう次世代。

精悍な印象の大型アクリルグリル、シャープな4眼LEDヘッドランプ、空力特性を向上させるダブルバルブウインドゥ。フロントもリヤも、ひと目で新型プリウスPHVとわかる先進的な表情を描き、低重心の伸びやかなサイドシルエットが車格感を表現します。

インテリア

使い勝手は、まるでタブレット。
さあ、クルマの未来に触れてください。

11.6インチ大型ディスプレイを採用したうえで、ナビやオーディオ、空調などに関する様々な情報をディスプレイに集約。フルHDの高精細な表示や、タブレット感覚の直感的な操作も実現しています。

ソーラー充電システム

ソーラーパネルで発電した
電力をEV走行に活用できます。

大型ソーラーパネルを車両ルーフに搭載。ソーラーパネルで発電した電力をEV走行に活用できます。充電スタンドがない駐車場や災害等で停電した場合でも、太陽光さえあれば充電できます。

[S“ナビパッケージ”、Sにメーカーオプション]

Photo:S“ナビパッケージ”。ボディカラーのサーモテクトライムグリーン〈6W7〉はメーカーオプション。内装色のクールグレーは設定色(ご注文時に指定が必要です。指定がない場合はブラックになります)。ソーラー充電システムはメーカーオプション。
*4. 2017年2月現在。トヨタ自動車(株)調べ。*5. 電費には充電器の効率も含まれるため、換算時にはその効率を除いたものを使用しています。 

*3. 太陽光発電協会の定める「表示ガイドライン(平成27年度)」に基づき、下記条件で駆動用バッテリーへの充電量を算出し、EV走行距離への換算を行っています。【車両状態】方位:真南、角度:0° 【日射量データ】名古屋、1990年から2009年の平均年の日ごとのデータ(出典:NEDO) 【計算数値】 ■太陽電池損失/温度補正係数:<4-5月及び10-11月>8.7%、<6-9月>11.6%、<12-3月>5.8% ■ソーラー ECU損失:19% ■その他損失1(配線・バッテリー充放電・制御損失):31% ■その他損失2(駆動用バッテリー充電時損失):<最大算出時>0.23kWh/日、<平均算出時>0.10kWh/日 ■JC08モード電費:10.54km/kWh*5 ※影、積雪、経年劣化、出力抑制、駆動用バッテリー満充電による影響は考慮されておりません。 ※地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、当社発電シミュレーションにより算出された値であり、保証値ではありません。

各地の推定EV走行距離[km/日] 札幌:平均 2.4/最大 6.2、仙台:平均 2.4/最大 5.7、東京:平均 2.4/最大 5.3、名古屋:平均 2.9/最大 6.1、金沢:平均 2.4/最大 5.3、大阪:平均 2.6/最大 5.3、広島:平均 2.9/最大 5.9、高松:平均 2.9/最大 5.7、福岡:平均 2.7/最大 5.8、那覇:平均 3.1/最大 5.5
移動する電源

大自然に囲まれた場所でも、
自宅と同じように家電が使えます。

付属されるヴィークルパワーコネクターを使えば、家庭用とまったく同じ100Vの外部給電用コンセントに早変わり。また、車内2カ所にもコンセントを設置しています。

[Aプレミアムに標準装備、Aプレミアムを除く全車にメーカーオプション]

■消費電力の合計が1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、電気製品によっては消費電力の合計が1500W以下の場合でも正常に作動しない場合があります。 ■一部の自治体では、駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、アイドリングストップに関する条例にふれるおそれがあります。関係する自治体に確認した上で、適切にご使用ください。

Photo(左):S“ナビパッケージ”。ボディカラーはシルバーメタリック〈1F7〉。ソーラー充電システム、アクセサリーコンセント(ヴィークルパワーコネクター付)はメーカーオプション。Photo(右):Aプレミアム。ボディカラーはスティールブロンドメタリック〈4X1〉。T-Connect SDナビゲーションシステム&JBLプレミアムサウンドシステムはメーカーオプション。 ■写真はEV給電モードの使用イメージです。実際のご使用時はバッテリー残量によって給電可能時間が異なります。

カラーバリエーション

ボディカラーはこの9色。あなたらしさは、どの色?

  • 01 グレーメタリック〈1G3〉
  • 02 サーモテクトライムグリーン〈6W7〉*1
  • 03 スピリテッドアクアメタリック〈791〉
  • 04 エモーショナルレッド〈3T7〉*1
  • 05 ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉*1
  • 06 スーパーホワイトⅡ〈040〉
  • 07 アティチュードブラックマイカ〈218〉
  • 08 スティールブロンドメタリック〈4X1〉
  • 09 シルバーメタリック〈1F7〉

*1. ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉32,400円(消費税抜き30,000円)、エモーショナルレッド〈3T7〉54,000円(消費税抜き50,000円)、サーモテクトライムグリーン〈6W7〉43,200円(消費税抜き40,000円)はメーカーオプションとなります。■スタイリング写真はA。